住宅ローンはいくらまで借りられるのか?

住宅を購入する際に多くの人がお世話になる住宅ローンですが、当然ならが、借入可能な金額には限度というものが設定されています。
そして、その借入限度額はいくつかの条件によって複合的に決定されます。
まず大きなくくりとして、一般的には購入物件の80%までが借入限度額の上限となっています。
これは、一般的によく言われる「住宅購入時の頭金は20%が妥当である」と言われることの所以でもあります。
ただし、いつでも80%の金額を借りることができるかというと、そうではありません。
実は、利用する住宅ローンによっては上限額が設定されている場合があるので注意が必要です。
ある住宅ローンの融資上限額が5000万円に設定されている場合、8000万円の住宅を購入した人がその80%である6400万円を借りようとしても5000万円までしか借りることができないので気をつけましょう。
しかしながら、最近では80%を超えて融資を行う金融機関が増えています。
中には購入代金の全て(100%)を融資する金融機関まで出てきています。
よく住宅の広告で「頭金ゼロで家が買えます」というコピーを見かけることがありますが、こういった物件は購入代金の全額について融資を受けるということを意味します。
その他にも、住宅金融支援機構の「フラット35」などでも、購入代金について最大100%の融資を受けることができます(ただし、購入代金の上限が設定されているので注意が必要です)。
もちろん、借り入れる人の社会での信用度も借入限度額の上下に影響を及ぼします。
多くの場合、その人の年収と借入額の多寡が限度額を決定する要因となります。
当然、年収が多ければ多いほど借入限度額は大きくなりますが、融資額が年収の何割を占めるのかといった点も借入限度額に影響してきます。
この数字は金融機関によって違いがあり、年収の30%までを借入限度額として定めているところもありますし、40%まで融資してくれるところもあります。
たとえば年収600万円の人の場合、年間180万円までしか融資してくれないところもあれば、240万円まで融資してくれるところもあるということです。
そして、年収については注意すべき点があります。
それは、借入限度額の算出には自分自身の収入だけでなく、配偶者の収入も対象になるということです。
ですから、奥さまに400万円の収入がある場合、合算で1000万円の収入があるとみなされますから、より多くの融資を受けることが可能になります。

住宅ローンは年収の何倍まで借りれる?

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

自分の家を建てたい!と思ったとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまいますよね。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みは可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、全て計算してから考えてみるべきなのです。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、気になる商品があれば試してみると良いですね。

参考:住宅ローン年収の目安は?年収の何倍まで審査通る?【収入割合基準】

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方もローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんしもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していれば貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

じぶん銀行の住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただそんなフラット35の審査は、ですが、楽天銀行などのフラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。

他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、これから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと月々の負担が大きくなる可能性もあります。

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

申し込む場合は職場や自宅近くにある銀行でも良いですし忙しい方は住信SBIネット銀行などのネットバンクなども利用してみると良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合は、年末調整ではなくローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それをパスしない限り、次の契約には進めません。

ここで重要とされる基準は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

あわせて、カードローンの使い道なども厳しくチェックする所はチェックされますのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方も何がなんでもオーバーローンにならないようにして下さい。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、住宅のためでないものは通常、認められません。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

以上のような危険性やデメリットもあるので、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、お金を借りる方法もありますが、相談料がかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。